「特別な日」

投稿者: | 2019年04月30日

「旅のことば 認知症とともによりよく生きるためのヒント」は「認知症と出会ったときから手元に置いておきたい人生のノート」であり、「『認知症とともによりよく生きる』ための『前向きで実践的な工夫』がまとめられたヒント集」です。

それは40のヒントは「新しい旅」を1番目のヒントとして、2番目から15番目までは「本人」の旅のことば、16番目から32番目までは「家族」の旅のことば、33番目から40番目までは「みんな」の旅のことば、として本人と直接かかわる家族、そしてそれを見守る遠くの家族や近所のみんなができる工夫を紹介しています。

その中で私が好きな「ことば」は「No.29 特別な日」という項目で、そこで書かれている内容をコンパクトにすると、こんな感じです。

明るい気持ちになれなのは、アクセントのな日常生活のためかもしれません。

そんな時は、

いつもと違う「特別な時間」を過ごしてみましょう。

そうすると、

いつもと違うわくわく感が味わえます。普段と違う表情や表現ができたりします。本人も家族も明るく誇らしい気持ちになります。

おはようトラベルで認知症の方の旅行をサポートしたことは、まだありませんが、そうした方の「特別な日」をつくることに関われたらありがたいことだと思います。

「旅のことば 認知症とともによりよく生きるためのヒント」(井庭崇 岡田誠 編著 慶応義塾大学井庭崇研究室 認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ 著 丸善出版 2015 )