おはトラ旅通信 2021年2月号 「オンラインでちょっとお出かけ気分」ほか

新型コロナの1年で、とても「進化」したものの一つにオンラインの美術鑑賞が挙げられます。3D映像や精密画像、ナレーションなどを駆使して、リモートで美術品を「鑑賞」できるようになった一年でした。Google Arts & Culture, Hazard (アザー) などのプラットフォームで、いままで美術館にいかなければ見れなかった芸術を離れたところから鑑賞することを可能にしました。外に出なくても楽しめる気軽なオンライン美術館巡りなど、試してみて下さい。

おはトラ旅通信2月号はこちらから

( photo by Jaesung An via Pixabay )