【おすすめ旅 春】世界遺産白川郷と富山を訪ねる旅

世界遺産・合掌造り集落の白川郷と富山湾からの霊峰立山、黒部渓谷の自然を楽しむ旅です。

コース概要

1日目
高岡駅~雨晴らし海岸~氷見漁港~高岡山瑞龍寺~高岡市内泊 
|
2日目
高岡~白川郷合掌造り集落~井波瑞泉寺~砺波チューリップ公園~富山市内泊
|
3日目
富山市内~富山==宇奈月温泉==黒部渓谷鉄道==欅平==宇奈月温泉泊
|
4日目
宇奈月温泉==滑川~ホタルイカミュージアム~滑川駅

( == :列車、 ~:自動車)

見どころ

高岡山瑞龍寺

瑞龍寺

加賀藩の2代藩主で加賀百万石の基礎を作ったとされる前田利長の菩提寺です。利長の菩提をとむらうため三代藩主利常によって建立され、現在の伽藍は20年の歳月をかけて造営されました。山門、仏殿、法堂は禅宗様式の寺院建築の傑作として平成9年に国宝に指定されています。

高岡山瑞龍寺バリアフリー参う考情報
障がい者用P 〇 / 車椅子貸出〇 / 車椅子対応スロープ〇 / 割引〇 (出典:全国観るナビ

白川郷合掌造り集落

白川郷遠望

全国最大規模となる合掌造りの家屋が残る地域です。その家屋ではいまでも土地の人の暮らしが営まれています。1995年に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産に登録されました。

白川郷合掌造り集落 バリアフリー参考情報
・集落内に障害者用トイレは5カ所
集落内には公衆トイレがあり、すべてのイレに障害者用が併設されています。その数は合計5か所。いずれのトイレも、あくまで公衆トイレのレベルです。
・散策路は車椅子通行可
集落内の観光通路は、多少のデコボコはありますが、車椅子での通行は可能です。問題は混雑だけです。合掌造り家屋の内部見学は、「道の駅白川郷」の利用をお薦めします。(出典:車いすお出かけガイド

砺波チューリップ公園

砺波チューリップ公園

砺波といえばチューリップ。その歴史は大正時代にさかのぼります。砺波チューリップ公園は100万本のチューリップが咲く広さ7ヘクタールの公園です。。園内には日本最大級の五連水車やチューリップ四季彩館、美術館、郷土資料館、中嶋家などさまざまな設備があり、思い思いの楽しみ方をすることができます。

チューリップ四季彩館のバリアフリー情報
車椅子対応、車椅子貸出、車椅子用エレベーター、自動ドア、ペットは入館できません(盲導犬・介助犬は除く)、障がい者用駐車場、ベビーシート、ベビーキープ、多目的トイレ、車いす用トイレ(出典:とやま観光ナビ

黒部峡谷

黒部峡谷

黒部川が、立山連峰と後立山連峰の間に刻み込んだ峻険な峡谷で、中部山岳国立公園の中に位置し、新潟県の清津渓谷、三重県の大杉谷とともに日本三大渓谷に選定されています。黒部峡谷鉄道に乗って宇奈月温泉から欅平まで橋やトンネルを通って大自然を堪能できます。

黒部峡谷バリアフリー参考情報
黒部峡谷鉄道には車いすスペースのある車両があります。
車椅子電車評論家 アシトド松井 のブログ情報

ホタルイカミュージアム

ホタルイカ イメー写真 Circe Denyer, CC0, via Wikimedia Commons

富山湾は世界でも珍しいホタルイカ群遊海面といわれ、富山市常願寺川河口から魚津港までの沖合1.3kmまでが国の特別天然記念物にも指定されています。ほ ほたるいかミュージアムは、不思議な生態をもつホタルイカの生態を学ぶとともに、ほたるいかの神秘的に輝く青白い光を体験できるミュージアムです。

ホタルイカミュージアムバリアフリー参考情報
車椅子対応トイレ あり / 点字ブロック あり (出典:全国観るなび) 

おすすめポイント

世界遺産

白川郷・五箇山の合掌造り集落が世界遺産に登録されています。

自然の景観

富山湾雨晴海岸からの立山遠望や黒部渓谷を走るトロッコ電車からの景観は見事です。

季節の見どころ

4月中旬~5月上旬は砺波のチューリップ公園のチューリップが見ごろとなります。

郷土ゆかりの数々

富山の伝統工芸品として井波彫刻や高岡銅器、越中和紙などが国指定になっています。味覚では富山のホタルイカや寒鰤、岐阜の飛騨牛等が有名です。

おすすめの宿

高岡市内

高岡マンテンホテル駅前

富山市内

ANAクラウンプラザホテル富山

宇奈月温泉

黒薙の源泉から引湯しており、湯量は豊富です。トロッコ電車などでの黒部峡谷探勝の基地として利用されています。

延楽

  • 車椅子対応客室 リビングタイプ
  • バリアフリー情報
    客室内に洋式トイレあり / 大浴場での介助入浴可能 / 高齢者用料理への対応可能 /アレルギーに配慮した料理への対応可能 / 施設スタッフによる介助・補助対応が可能 (出典:ホテルでポン!