【おすすめ旅】世界遺産日光の社寺と奥日光の紅葉を愛でる旅

世界遺産日光の社寺とそこに宿る自然を感じる旅です。(おすすめ日程2~3日間)
すすめポイント
  • 世界遺産:日光の社寺 (二荒山神社、東照宮、輪王寺の103棟 )
  • 景観:華厳の滝、中禅寺湖と男体山、湯滝
  • 紅葉:いろは坂、龍頭の滝、中禅寺湖
見どころ1
世界遺産日光の社寺

世界遺産日光の社寺 世界遺産に登録された「日光の社寺」は、日光の二社一寺に残る建造物群「二荒山神社、東照宮、輪王寺の103棟(国宝9棟、重要文化財94棟)」と、自然と一体となった宗教空間に古来の神道思想に基づく信仰形態が受け継がれていることが評価されました。

 東照宮は車いすの方は拝観受付係りに声をかけていただき通用門より入り、陽明門手前の御水舎近くまで行くことが可能だそうです。(参照:日光東照宮ホームページ)日光市のホームページ掲載の日光バリアフリーマップ(世界遺産日光の社寺周辺)  も参考にしてください。

日光輪王寺
日光輪王寺
 
見どころ2
いろは坂

古くは男体山や中禅寺への参拝者が通っていた道のいろは坂は下り専用の第一と上り専用の第二を合わせカーブが48か所あることからこの名前で呼ばれるようになりました。第二いろは坂途中の明智平展望台は紅葉の美しいスポットとして有名です。

 

いろは坂の紅葉
いろは坂紅葉
 
見どころ3
中禅寺湖

男体山の噴火によっておよそ二万年前に原型ができたといわれる中禅寺湖は周囲約25キロメートル、最大水深163メートルの湖で紅葉の名所としても有名です。湖上から秋色に染まる周囲の山々を堪能できる遊覧船は船の駅発着であれば車いすでも乗船可能です。

船の駅発着であれば車椅子での利用も可能、駐車場から桟橋までの坂が急で桟橋の坂や段差は係員のサポートを受けることも可能です。駐車場に車椅子トイレが有ります。( 出典:車椅子でお出かけバリアフリーマップ

中禅寺湖と男体山
中禅寺湖と男体山
 
見どころ4
華厳の滝

那智の滝と並ぶ日本三大名瀑の華厳の滝は中禅寺湖の流出口にあり観瀑台で岩壁を一気に流れ落ちる滝の様子を見ることができます。

観瀑台は地上と地下の2箇所あるうち、車椅子で行けるのは地上のみです。敷地内にはお店や駐車場・トイレなどが完備されバリアフリーですが、観瀑台への導線に介助者が必要な坂が伴います。 駐車場に車椅子トイレが有ります。 (出典:車椅子でお出かけバリアフリーマップ

華厳の滝
華厳の滝
 
見どころ5
竜頭の滝

大きな岩によって滝つぼ近くが二つに分かれ、見た感じが竜の頭に似ていることからこの名前が付きました。男体山の噴火によってできた溶岩の上を200メートル以上にわたって水が流れ落ち、渓流沿いや滝つぼ近くの紅葉が見事です。

滝頭の滝 駐車場から「竜頭之茶屋」の「観曝台」を目指します。観瀑台へは駐車場から距離は短いですが急坂を上がりますので介助者が必要です。 (出典:車椅子で行く日光 お薦め観光スポットバリアフリー情報

竜頭の滝紅葉
竜頭の滝紅葉
 
見どころ6
湯ノ湖・湯滝

湖畔にバリアフリー歩道が整備されていますので車椅子の方でも散策を楽しむことだできます。 湯ノ湖から流れ落ちる湯滝は県営駐車場から緩いアップダウン路を車椅子で進むことができれば、観曝台にいくことができます。(出典:車椅子で行く日光 お薦め観光スポットバリアフリー情報

湯ノ湖
湯ノ湖
 
旅のお供
  • 小説:ハゲタカ
  • お土産 日光甚五郎煎餅 日光ゆば

上記の情報は、季節ごと、地域ごとの旅の見どころをご案内することを目的としています。上記記載の観光・バリアフリー情報は、当社による直接の情報入手のほか、各地の観光協会やその他の情報サイトの発信等に基づくものを含みます。